歯医者の風景

保険外診療も安心して受けられる

親知らずも原因に!早めの相談が大切です
親知らずは第二大臼歯の奥にある歯茎に埋まった状態で存在します。この親知らずはアゴや歯が成長するにしたがって圧迫され、ゆっくりと表面に押し出されるようにして生えてくるものです。アゴや歯の大きさ、また生え方などは人により異なるため、一概には言えませんが、親知らずが生えると多くの場合、ほかの歯が圧迫されて歯並びが悪くなってしまいます。そのため親知らずが生えてきた場合は、できるだけ早めに抜くようにアドバイスされるのです。

治療法は様々!治療法は相談できます
歯並びの修正は歯列矯正により行います。治療期間は歯並びの状態によって異なり、短い人の場合は1年、長くかかる場合は5年ほどかけて治療するのが一般的です。歯列矯正にはワイヤー、ブラケット、インビザラインなど様々な方法があり、それぞれの方の歯並びやライフスタイルを考慮して選択します。なかでもインビザラインによる治療は、透明なマウスピースを使った目立ちにくい治療法であることに加え、メンテナンスや衛生管理も容易なことから人気のある方法となっています。

インフォームドコンセントを重視しましょう
歯列矯正は保険が使えないため高額な治療費が必要となります。そのため歯列矯正を行う際には、治療方針、総額料金、期間などをしっかりと説明できる矯正歯科を選ぶことが重要となるのです。首都圏在住の方で歯列矯正を検討している方は立川の矯正歯科で相談することをおすすめします。立川の矯正歯科はインフォームドコンセントに力を重視しています。保険の使える治療と使えない治療をあらかじめはっきりと説明しているので治療全体のイメージが掴みやすいのが特徴です。