歯医者の風景

治療費が医療費控除の対象になることもある

医療費控除とは?
医療費控除とは、家族の医療費が10万円(または所得の5%)を超えた分が所得税の控除となるという制度です。医療費の支払いが多い家庭の税負担を減らす目的で作られた制度です。
歯列矯正の治療は保険がきかず、自由診療になっています。ですから、矯正歯科に払った治療費は医療費控除の対象にならないと思っている人が多いのですが、そうではありません。

小児矯正は医療費控除の対象
立川の近藤歯科クリニックでは小児矯正に力を入れていますが、子どもさんの矯正の治療費は、医療費控除の対象になります。発育の途中にある子どもさんの場合、歯並びを良くすることが、正しい歯や顎の成長を促すために必要な治療行為だと判断されるからです。
一年分の治療費の領収書を保管しておき、確定申告していただくことで、保護者の方の税金が安くなります。

大人の矯正治療も対象となることがある
大人の場合も、歯並びが原因で咀嚼や発音などの機能に障害が発生しているのであれば、歯列矯正は必要な治療と認められ、医療費控除の対象になります。ご自分の治療が対象になるのかどうかは、主治医の先生に質問されるとよいでしょう。
立川の矯正歯科では、矯正の治療費は従来よりもかなり安く抑えて、支払いもその都度行うようにしています。その治療費が医療費控除の対象になるならば、治療がより受けやすくなる方もいることでしょう。